スポンサーリンク

長雨のバス釣り8月9月の最適ルアーは?レベルバイブブーストが効くの?

8月・9月の長雨に効くルアーはなんでしょう?

夏の長雨や台風での雨などでフィールドや水温の変化が気になりまよね

夏の高水温での冷たい雨は人間もバスも気持ちいいですが、

夏モードに入ったアングラーはちょっと攻略方法に悩みますよね!

夏の短時間の雨なら涼しく過ごせますが、

長く振った雨は気温・水温を低下させて

バスの活性も落ちてしまいます。

そこで、バスを釣るが難しく、釣れないモードになっている方も多いと思いますが、

こんな状況でも私、釣れています

こんな日も2時間の釣行で10本近く釣ります。

サイズは、ビッグバスとは言えませんが、

30〜40センチぐらいのサイズが入れ食いですね

どんなルアーでつ釣っているから教えます!

まずは濁った水質を見て、水の動きを把握し

ベイトなどがいれば、答えは早いですが、

ボイルはしていませんが虫は水面に浮いています。

それを参考にして、ルアー選びをしていると思いますが、

私はこの状況の時は、全くしません、

活性は絶対低いので、

いきなりメタルジグを投げまくります。

以上!

おいおいっておもったかたすいません

夏の長雨や秋の水温低下時のレベルバイブブーストの使い方を説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

長雨のバス釣り8月9月の最適ルアーは?

長雨での夏の水温低下からの秋に突入することってよくありますよね!

ワームでネチネチと夏の釣りや低活性の時よくやるセコ釣り

私もよくやりますが、

バスは人間が感じるほど活性は落ちていません、

ではなぜいる場所にいないのですか?

っと質問がよくありますが、

それは、長雨による水温変化なんですね。

バスたちはもちろん水温低下や変化を嫌いますが、

敵水温になるとカバー周りとり沖やシャローによく浮いています。

しかし長雨による水質変化が激しいとバスはたちは水質が良いエリアを探します。

濁り過ぎていると、いつもの場所にはいません。

ではどこにいるのでしょう?

それは特定できません

なぜなら、

水は風や流れこみなどで動いているからです。

ボトムにいる事は間違えありませんが、

長雨続きだと流石にボトムの水質も悪化しており、

確に水の動きとともにバスたちも散らばっている可能性は高くでしょう!

 

 

 

コメント