スポンサーリンク

バスロッドのおすすめ3選釣り人選んだ極上のスピニング真の道具とは?

バスロッドのおすすめ2021!コスパ最強ロッドはどれ?シマノを解説! バスロッドまとめ

バスロッドのおすすめ極上のスピニング3選をご紹介!

バス釣り大好き人間がお伝えするバスロッドのおすすめ3選ですが、

あくまでも私がおすすめする極上バスロッドです。

コスパが良いロッドから高性能バスロッドまで2021年のバス釣りの釣行におすすめロッドをお伝えしていきましょう!

バス釣りメーカーも沢山ある中、私も色んなバスロッドを使ってきましたが、

その中でも特に気にっている極上スピニングロッド真の道具とは?

3選を今回はご紹介していきますので、是非最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

バスロッドのおすすめ3選メーカー【スピニング】

バスロッドのおすすめ2021!コスパ最強ロッドはどれ?シマノを解説!

特におすすめするバスロッドメーカースピニングをご紹介!

  • ポイズンアドレナ(シマノ)
  • オロチXXX(メガバス)
  • グラディエーターアンチ(レイドジャパン)

このロッドはどんな性能を持っているかお伝えしていきたいと思います。

シマノバスロッド【スピニング】

バスロッドのおすすめ3選釣り人が選んだ極上の真の道具とは?

シマノのバスロッドの機種はやはりポイズンシリーズの【ポイズンアドレナ】ですね

このロッド価格も3万円台とまぁまぁのコストパフォーマンスで、シマノでも人気のバスロッドになっています。

フルカーボンモノコックのグリップ装備しており感度関しては、文句なしの性能を持つポイズンアドレナです。

さらに進化ている、ポイズンアドレナですがフルカーボンモノコックのグリップ搭載しているので、

ロッドを持った瞬間に分かる軽さなど、

グリップとトータルバランスがある非常にバスロッドとしての機能が詰め込まれているバスロッドとなっています。

おすすめスピニングロッド【シマノ】

ポイズンアドレナ

【266L】

このスピニングの長さは6フィート6インチとやや短いスピニングロッドとなっています。

最近のバスロッドは割と長めのバスロッドが多い中このロッドをなぜ選んだか

それはキャスト性能がいいからです。

私はキャストが下手と言う事もありますが、バス釣りで一番大事なのはキャスト性能が重要視されることが多く、特にライトリグでのキャストははっきり言って、難しいですよね

そんな難しいライトリグでの操作感をクリアがしやすいスピニングロッドです。

ポイズンアドレナのロッドは全体的に他のメーカーのロッドとくらべてハリがあり、

硬めに設計しています。

このハリが感度やバスとのバイト時に安定感があり

駆け引きができる、スピニングロッドとなっています。

ポイズンシリーズ全機種にスパイラルXコアが搭載されていて、

このスパイラルXコア構造とはネジレの強度やつぶれ強度が飛躍的に向上していてる

従ってスペック表示以上に強いロッドっとなっています。

 

【ご紹介したポイズンアドレナのスピニングロッド266Lの詳細】

ライトリグから小型ハードプラグまで幅広いルアーに適応するバーサタイルスピン。オカッパリや小型ボートの釣りなど、選べるタックルが限られる環境下で真価を発揮するアイテムです。

メガバスバスロッド【スピニング】

バスロッドのおすすめ3選釣り人が選んだ極上の真の道具とは?

このメガバスのオロチXXXは、世界中で人気のロッドっとなっています。

メガバスはこのロッドのXXX(カイザ)のプロジェクトを始動していて、そのミッションとは

【未知のロッド素材の研究】です。

この研究で完成した特長とは何か?

ロッドの胴部後側からバット部分(根元)ついて、圧倒的な耐力を増強させた上で軽量化するため

ASL(形状記憶金属繊維)とマイクロファイバースクリーム低レンジで融合しています。

この【形状記憶金属繊維】ってすごいですよね!

メガバスはさらにカーボンマテリアルプライス(軸巻き数)を低減化しています。

おすすめスピニングロッド【メガバス】

オロチXXXシリーズ

【オロチXXX=F610KS】

F3-610KSはミノーやシャッドなどのスモールプラグからカバー周りでのワーミングまで

このロッド1本あれば何でもできてしまうほど幅が広く、メガバスを代表するマルチパフォーマンスロッドっとして人気が高いスペックです。

ラインスペックは6lb以上のラインやPEラインでのスモラバ・高比重ワームでのライトカバーなど

スピニングタックルでしか捕れないエリアではこのF-610KSが引き出される事間違いないぐらい信頼性が高く感度始め軽さ・パワーが優れた1本となっています。

スピニングロッドと思えないほどのパワーとBIGバスとのやり取りが確実に取り込むこともできます。

フィールドやスタイルを問わず活躍できいるF-610KS

レイドジャパンバスロッド【スピニング】

バスロッドのおすすめ3選釣り人が選んだ極上の真の道具とは?

グラディエーターアンチ

今や大人気の金森隆史代表=レイドジャパンのグラディエーターシリーズ【アンチ】

このロッドのこだわりは、オリジナルグラディエーターでの対極に位置するロッド

本来のロッドの仕事を自動的にこなしてくれるオートマチックなロッドを作りたいそんな思いからスタートした別角度から導き出したもうひとつ答えグラディエーターを否定するもうひとつのグラディエーターであるそれがアンチです。

コンセプト

キャスト・リトリーブ・ファイトすべてにおいてアングラーを完璧なアシストする高性能

(ロッド事態完璧に仕事をする万能型中弾性ブランクス)

キャスト時はルアーの重さでしっかり曲がるブランクスでその反発力によって軽い力でルアーを正確に飛ばす。

リトリーブ時はツッパリ過ぎずルアーの反応を確実にアングラーの伝達する感度

ファイト時は、バスとが引くほどロッドが曲がりロッド事態元に戻ろうとする力が溢れ出し

アングラーの高アシストするまさにパワーアームのような強化ツールである。

しかもこんなに高性能なのに低価格で提供

ガイドをステンレスガイドに変更しコストパフォーマンスが実現した

ガイドはステレンスガイドだがチタンフレームでしあげている為キズ・錆びはほとんど影響がなく

普段と変わらない釣りができます。

おすすめスピニングロッド【レイドジャパン】

私が選んだレイドジャパンのグラディエーターアンチのスピニング

【GA-61ULS-ST Fixer】

Length: 6’1″

Power(Action): Ultra Light

Taper: Fast (30t Solid Tip)

Lure Wt.: 1/32-3/16oz.

Line: 3-5lb.

過度にプレッシャーの掛かった現代のフィールドでは、魚に口を使わす為のライトリグが必要不可欠となっています。そんな魚に口を使わせてしまうのが黒幕「Fixer(フィクサー)」。コンマ1mm単位で吟味した30tカーボンソリッドティップと、無塗装/無研磨(アンサンド)フィニッシュのAntiブランクスが融合。継ぎ目の違和感を感じさせないスムースなベンドカーブは、アングラーが入力した極繊細な操作をそのままリグに届け、ソリッドティップ部が得た情報をクリアにダイレクトかつ正確にアングラーに送り返します。ラインの存在をも気付かせない程極めて繊細で柔らかいアクションを実現するため、いわゆるゼロフィンガースタイルでのロッドアクション時にも対応するよう、フィクサーにはソフトにロッドを握ることができるFuji IPSシートを装着。否が応でも「喰わせる」ための攻撃型フィネスロッドです。

 

このロッドは、最高に面白いロッドに仕上がっています。

超フィネスロッドと言っても過言ではないでしょうか

こんなバスロッド欲しかったという人多いと思います。

まるで、トラウトロッドに近いが全く違う性能とパワーがありバストのバイト時は限界まで曲がりしっかり捕る事ができるロッド一見スペックに不安感がありますが、表示以上のスペックを発揮し

アングラーに高アシストで期待ができますね!

 

スポンサーリンク

バスロッドのおすすめで安くて性能が良いのは?

バスロッドのおすすめ3選釣り人選んだ極上のスピニング真の道具とは?

バスロッドおすすめ3選をご紹介してきましたが、

私が、ご紹介してきたスピニングロッドはとても人気があり性能が優れた製品ですが、

価格も平均して2万円後半~3万円後半のロッドが多く

こんなにお金を出せない方にさらにコスパパフォーマンスが良いロッドがあります。

ご紹介してきたバスロッドおすすめ3選とスペックが近いロッドを探してみたのご覧ください。

コスパがいいバスロッドは?

シマノ=ゾディアス

このロッドポイズンシリーズで搭載されている、

フルカーボンモノコックグリップを使用しています。

2021年の追加機種も豊富で

感度に優れていて、このコスパでかなりいいロッドに仕上がっています。

1ピース~2ピースの機種もあり、

価格は1万円~1万円後半で購入する事ができます

それはまるで手元に走る稲妻の如く。水中の異変を素早く感知するカーボンモノコックグリップは、パワーを内に秘めたブランクとの相乗作用で感度がさらに磨かれる。世界が認めたグローバルスタンダード、新生ZODIASがアングラーを次なるステージへと導いていく。

ダイワ=ブレイゾン

ダイワのブレイゾンですが、デザイン性もかなり良くし仕上がってします。

シマノフルカーボンモノコックグリップとよく似たカーボンモノコックを搭載しています。

このロッドも初心者~ベテランアングラーまで納得が行くロッドとなっています。

2021年ではフルモデルチェンジするブレイゾンですが、

すでに人気爆発の予感です。

シマノのゾディアスやポイズンシリーズで搭載されている、

スパイラルXコアやハイパーXコアなどと同様のブレーディングXで締め上げたブランクは、

ネジレを抑えてパワーを強化しました。

やはり少し張りがあり、硬めですが感度は抜群よく

価格も1万5千円前後とこちらもコストパフォーマンスよいでしょう!

BLAZON 「炎、立つ」|Ultimate BASS by DAIWA Vol.306
スポンサーリンク

バスロッドのおすすめ3選【まとめ】

今回は、バスロッドおすすめ3選(スピニング)をご紹介してきましたが、

皆さんはどのスピニングロッドが気になりましたか?

私が今回の中での3選で一番気にっているロッドは

メガバスのオロチXXXですが、

遠投ができたカバー撃ちもできさらにスピニングと思えないほどのパワーがあり

このロッド1本あれば、ある程度のバスは釣れます。

それでけ性能からラインシステムまで、

高性能なロッドとなっておりますが、

最近はシマノやダイワからかなりコストパフォーマンスが良いロッドが販売され

性能はもちろんどんどん進化しています。

アングラーに合った攻め・フィールド

バスのコンディションに合ったロッド選びをしてみてください

きっとあなたが好むバスロッドがみつかるでしょう!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント