スポンサーリンク

中古スマホの危険性は?こんな機種は絶対ダメ‼

中古スマホの危険性は?こんな機種は絶対ダメ‼ 商品
中古スマホの危険性は?こんな機種は絶対ダメ‼

今回は中古スマホの危険性についてお伝えして行きたいとおもいます。

スマホを新品じゃなくて中古でも全然かまわないって方いますよね

使い慣れた、気にったスマホが壊れたなど緊急時の時に中古スマホの購入を検討されている方もいますよね!

そこで中古スマホは危険性が高いのではないかと悩んでいてなかなか購入までいかない方やどんな機種を選べばいいのか・ダメなのか知りたい方に参考になれば幸いです。

それで早速ホ本題にまいりましょう!

スポンサーリンク

中古スマホの危険性は?その原因・防止方法は?

新機種が続々と発売されていますが、

もちろん新品で購入するより断然価格が安く新機種の最新機能がなくても、まだ全然使用可能です‼

しかし中古スマホの危険性などで諦めてしまってる方も多く、

大事な仕事だけに使いたいなど、最近は中古スマホを購入する方も当たり前になっています。

 

危険性

中古スマホの危険性や注意点っと言ったらまずは代表的な赤ロム問題です。

この赤ロムとは一体何なのか?

赤ロムになる原因は、分割払いが終わっていない、機種を購入してしまって、回線が使えない状態の事を言います。

そうなんです!

SIMに原因があるのです。

普通は下取りに出すときに使用者のSIMをきちんと店舗側にSIMカードを取り出しSIMが入ってない状態にします。

そして店舗側が新しいSIMを下取りのスマホに挿入すれば問題なく使用することができます。

赤ロムはこの様な事をしないで販売している事を刺します。

近年はこの様な事は減ってはきてますが、メルカリや直接取引時のトラブルはまだまだあるそうです。

 

トラブルの事例

赤ロムは最初は普通に使用ができていても

 

途中で使用不可になる事もあるらしく、

その原因は、下取りに出したスマホの持ち主が分割払いを続けている内は使用ができます。

しかし、持ち主が途中で支払いを中止などしてしまい、

端末での通信にロックがかかてしまい、使用不可になってしまいます。

購入した時は使用できたのにいきなり使えなくなり困りました。

こんな事例もあるらしく、赤ロム防止方法なども調べてみましたのでご覧ください。

防止方法

補償がある店舗が安全です。

しっかり中古スマホを購入するときは必ず、補償がある店舗で購入しましょう!

補償内容はこんな感じです。

補償内容=赤ロムと判断された、端末については、全額返金・交換対応。

など記載されている店舗が安心です。

この補償内容は大手が主に対応している内容ですが、全ての店舗で対応しているわけではありませんので、しっかり確認してから、購入しましょう!

赤ロムチェックすることもできます。

 

チェック方法

赤ロムチェック方法は?

キャリアサイトでIMEIをチェック

スマホ端末に識別番号があります。

この識別番号でこの端末の(スマホ)の状態が分かるようになっています。

ネットワーク利用制限・キャリア名で検索してみてください。

大手フリマサイトは、このチェッカーを使用する事が義務づけられています。

※IMEIが見当たらないスマホは避けた方が良いです!

スポンサーリンク

こんな機種は絶対ダメ‼

今までの記載されているトラブルは大手の店舗などで販売されている中古スマホならほぼ大丈夫ですが、スマホのバッテリー劣化問題には注意しましょう!

スマホのバッテリーは約2年程で劣化します。ので古い機種はバッテリー交換してあるものを選びましょう!

機種によっては、バッテリーを確認する事ができる、機種もあり、店舗にお問い合わせしてみてください。

新品ではこの最大容量は100%ですが、経年で使い続けるほど劣化していきます。

最大容量が79%以下になっていた場合、交換が推奨される数値であり、iOSによっては交換を促す警告が表示されます。

 

なのでバッテリーが弱い機種は絶対にダメですね!

新しくバッテリーを交換してある機種を選びましょう!

スポンサーリンク

中古スマホの危険性は?こんな機種は絶対ダメ‼まとめ

今回は【中古スマホの危険性は?こんな機種は絶対ダメ‼】についてお伝えしてきましたが、

皆さんも注意してご購入をしてください。

回線がいきなり使えなくなる赤ロムなどのトラブルは、最近はほとんどないですが、中にはまだまだ起こる時もありますので、

注意しましょう!

 

スマホのバッテリーの劣化は約2年ですので、購入される機種はしっかり店舗の方にバッテリーの劣化経過などチェックして購入しましょう!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント